ヒゲのケア

ヒゲを毛抜きで抜くことは肌トラブルの原因?ヒゲ抜きのデメリット

髭が濃い人にとって髭の無いスベスベ肌は憧れますよね。

手軽にスベスベ肌を手に入れる方法の一つとして毛抜きでヒゲを抜くという方法があります。

ジョリジョリ肌がスベスベ肌になるし、若く見られるし、生えてくるのも遅くなって良いこと尽くし!っなんて思っていましたが、肌を気にする人には見逃せない6つデメリットがあるのです。

この記事では毛抜きでヒゲを抜くことの6つデメリットを紹介致します。また、それでも毛抜きでヒゲを処理したい方にリスクを回避できるヒゲの抜き方を紹介します。この記事は以下のような人にオススメです。

  • 毛抜きでヒゲを抜いている方
  • 毛抜きでヒゲを抜くデメリットを知りたい方
  • アンチエイジングを気にされている方
  • リスクを回避して毛抜きでヒゲを抜きたい方

毛抜きでヒゲを抜くことの6つのデメリット

毛抜きでヒゲを抜くことは危険な行為です。また、長い年月髭を抜き続けることはアンチエイジングの目線でも危険な行為です。以下にデメリットをまとめて、後で1つずつ詳しく説明していきます。

毛抜きでヒゲを抜くことの6つデメリット

1. ニキビや炎症の原因になる

2. 色素沈着を起こす危険性がある

3. 毛嚢炎(毛包炎)になる可能性がある

4. 毛穴が開いて、皮脂・角質が溜まる

5. 埋没毛ができる

6. 乾燥肌になる

ニキビや炎症の原因になる

毛抜きでヒゲを抜くことでニキビや炎症を起こす可能性があります。ニキビには様々な原因がありますが、細菌や皮脂によるニキビが出来やすくなります。

髭を抜くと一時的に毛穴が開きます。また、毛穴周辺の血管を傷つけてしまい出血することがあります。そこに細菌が侵入し炎症を起こしたり、ニキビが出来る恐れがあります。

また、開いた毛穴に皮脂や角質が詰まることでニキビが出来てしまう恐れがあります。

色素沈着を起こす危険性がある

色素沈着とは簡単に言うとシミです。実は紫外線以外にもシミができる原因があります。肌はダメージを受けると肌を守るために自らメラニン色素を生成します。

定期的に繰り返し毛抜きでヒゲを抜くことで毛穴周りでメラニン色素が生成され続けて最終的には黒ずみ・シミとなってしまうのです。これはアンチエイジングの観点からみても良くないことでしょう。

毛嚢炎(毛包炎)になる可能性がある

毛嚢炎とは毛穴に細菌が侵入し炎症を起こした状態のことを言います。見た目は白いニキビに似ています。毛抜きでヒゲを抜くと、毛穴が広がり細菌が侵入しやすくなるため、毛嚢炎になる危険性が高くなります。

これが悪化すると、「せつ」という、しこりように固くなったり、「よう」という隣の毛穴まで広がる危険性があります。

毛穴が開いて、皮脂・角質が溜まる

毛抜きでヒゲを無理に抜いてしまうと、毛穴が広がってしまい、そこに皮脂や角質が溜まりやすくなります。

その結果、過剰に皮脂が生じて顔がテカってしまったり、ニキビが出来やすくなったりして、清潔感がなくなり本末転倒となってしまいます。

埋没毛ができる

埋没毛とは塞がった毛穴から毛が出てこれずに皮膚の中で成長してしまう毛のことを言います。見た目では黒いポツポツのようで、おそらく誰でもほじくり出したことがあるでしょう。

なぜ毛抜きでヒゲを抜くと埋没毛ができるのかというと、ヒゲを抜いて毛穴にダメージを与えることで、皮膚表面にかさぶたのような膜が形成されます。そして膜が毛穴を覆うことで新しいヒゲが外に出れなくなり埋没毛となります。

埋没毛は新陳代謝により自然と体外に排出されます。しかし、黒いポツポツができるので気になってほじくり出したくなりますが、炎症を起こしてしまう原因になるので、そっとしておきましょう。

乾燥肌になる

毛抜きでヒゲを抜くということは乾燥肌の原因になってしまいます。毛を抜くと同時に肌の角質を剥がしてしまいます。その結果、肌の保湿機能が失われて、肌が乾燥してしまいます。

また、乾燥がシワの一番の原因と言われています。乾燥肌になりシワが出来てしまっては、アンチエイジングの観点からみても毛抜きでヒゲを抜くのは止めておいたほうがいいでしょう。

リスクを回避して毛抜きでヒゲを抜きたい方

ここまで説明してきたように毛抜きでヒゲは抜かないほうがいいです。お金に余裕がある人には医療レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛をおすすめします。脱毛にお金を掛けたくない人には抑毛クリーム・カミソリ・電気シェーバーをオススメします。それでも毛抜きでヒゲを抜きたいという方は、以下の方法に従って安全に毛抜きでヒゲを抜いてください。

毛抜きを使用する部分を温めて毛穴を開くてから抜く

毛抜きでヒゲを抜くときは毛穴が開いている状態で抜くとダメージを抑えられます。一番良いタイミングは入浴時が良いでしょう。湯舟に浸かりながら毛抜きでヒゲを抜くと時間を有効に使えますし一石二鳥ですね!

また、固く絞ったタオルを電子レンジでやけどしない程度に温めて、3分程度暖めるのも良いです。床屋さんの気持ちいいアレです。

ヒゲの生えてる方向に逆らわずに抜く

毛が生えている方向に向かって毛抜きで抜きましょう。無理な方向に引っ張ってしまうと、毛穴を傷つけたり、毛穴が変形したりして、埋没毛や炎症の危険性が高くなります。

毛抜き前・毛抜き後のケアをする

毛抜き前には毛抜きは洗浄・消毒しましょう。毛抜きに細菌が付着していると、そこから毛穴に細菌が侵入してしまいます。また、必ず洗顔後に毛抜きでヒゲを抜きましょう。これも同様に顔に細菌が付着していると、そこから毛穴に細菌が侵入してしまいます。

毛抜き後は、出血している箇所は消毒し、全体を冷やしましょう。そうすることで炎症を抑えると同時に様々なリスクを防ぐことができます。また、毛抜きでヒゲを抜いた後は保湿機能が低下しているので、しっかり保湿しましょう。そうすることで乾燥やダメージを抑え、シミや色素沈着を抑える効果が期待できます。

最後に、、、

男性ならば誰もが悩んだことのあるヒゲの処理。その方法の一つとして毛抜きでヒゲを抜くという方法があります。メリットはありますが、個人的にはデメリットのほうが多いように感じます。ですが、正しい方法で行うことでリスクを抑えることができると知りました。実は私自身はたまに毛抜きで抜いてしまっています(汗)

もし、肌トラブルが起こった方は皮膚科に相談することをオススメします。また、本当にヒゲを無くしたい方は脱毛のプロに相談しましょう!近年では、メンズサロンも増え、通いやすくなっていますので!